お得に利用できることが多い

インターネットでキャッシングを申し込むと、最終的な支払金額もお得になるケースがあります。ネット申し込みは比較的新しいサービスです。しかし、手続きが簡単で手軽なことから、ネット申し込みを利用する人も、ネット申し込みを受け付ける消費者金融も増えてきています。より広く便利なサービスを知ってもらうために、消費者金融側で金利の優遇キャンペーンを行っていることが多いのです。

2010年から施行されている総量規制によって、消費者金融は個人に大金を貸すことができなくなりました。そのため、消費者金融では多くの人にキャッシングの使いやすさを知ってもらうために、積極的に新規客獲得を目的としたキャンペーンを行っています。利用者に人気の方法であるネット申し込みは、そのキャンペーンの対象になりやすいのです。具体的には、年に0.1%から1.0%ほどの利息分がお得になります

さらに、ネットで契約をした場合、キャッシングで借り入れたお金は指定の銀行口座に振り込まれます。通常は指定ATMから現金を引き出す必要がありますが、その手間がかからず、振り込み手続きを依頼するサービス料金も発生しません。現金ではなく口座に入金が必要な場合は特に、ネット申し込みをしたほうが手数料がかからずお得です。